« 梅雨の指定席 その1 | トップページ | 冷やし中華食べ始めました~ »

灼熱の魂

灼熱の魂

  • 製作年:2010年
  • 製作国:カナダ/フランス
  • 原題:INCENDIES

亡くなった母の遺言に従い、父と兄を探す旅に出た双子の姉弟が、やがて激しい宗教対立に翻弄され続けた母の数奇にして壮絶な運命と向き合っていく姿を力強い筆致で描いた衝撃のヒューマン・ミステリー。主演は「愛より強い旅」のルブナ・アザバル。監督は「渦」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。2010年度のアカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。中東系カナダ人女性ナワル・マルワンが亡くなり、公証人から遺された双子の姉弟ジャンヌとシモンに遺言が伝えられた。それは、父親と兄を見つけ出し、それぞれに宛てた母からの手紙を渡してほしいというもの。死んだと思い込んでいた父ばかりか、存在すら知らなかった兄がいることに当惑する姉弟だったが…。

出演:ルブナ・アザバル、メリッサ・デソル、モー・プーラン、マキシム・ゴーデット、レミー・ジラール

強烈な作品だった。今までの価値観、全てにおいての価値観を覆されたような・・・見終わった後暫く放心状態。。。

壮絶な運命を生きる母親の強さの前に言葉を失う。この強さはどこから・・・母親だから・・・宗教観からくるもの?・・・必死で血を吐く思いで生き、子供を育ててきた母親の最後の望みまで引きちぎった厳しい事実、その瞬間、心臓が生きたまま凍ってしまった。

そして、子供に託した遺言・・・という事は子供に真実を突き止めろという事よね、自分が生きてきた道を子供に辿らせる、生きてきた証を子供が突き止めたら自分は墓に名前を刻めるということよね・・・。

母親にしろ、双子の子供にしろ、事実に直面して一瞬だじろぐが後戻りはしない、まっすぐ前に向かって突き進んでいく。
この強烈な精神の強さは何なんだろう、中東という厳しい現実なのか昇華された宗教観に裏付けされた母親の純粋な愛なのか・・・。
母親の兄に対する“手紙”、それが戦時下のもと厳しい運命に翻弄された母親の真実の気持ちだったのだろう。

それにしてもキツカッタ。途中、生理的な嫌悪感から見るのをやめようと思ったが、やっぱり見てよかったと、軟弱な精神に喝を入れられた。。。

評価:★★★★☆

|

« 梅雨の指定席 その1 | トップページ | 冷やし中華食べ始めました~ »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

今日は激しいのを観たい気分(怒)
探してみるね。
中東の人たちの目は、突き刺すように激しくて、情念の民族って気がする。

投稿: mamaさん | 2012年6月19日 (火) 09時48分

*mamaさん
おススメして良いか迷いがまだあるno。
夫Nは途中でリタイアし、見終わった私の反応で結末を見破りました。恐るべし・・・。

投稿: 白いねこ | 2012年6月19日 (火) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 灼熱の魂:

« 梅雨の指定席 その1 | トップページ | 冷やし中華食べ始めました~ »