« 梅雨の指定席 その2 | トップページ | 紫陽花革命 20万人!! »

「オレンジと太陽」

Dscf0016_4

着物がらみで訪問したブログの中で、「オレンジと太陽」という映画を絶賛されていた。

「こんなことがあっていいのか!衝撃で震えがきた!
女王在位60周年で湧くイギリスの裏面史!」と・・・。

1986年、英国政府と民間団体で実施されていた児童移民を取り上げた映画である。
最近見た韓国映画の「冬の小鳥」も施設から他国への児童移民にからむ自伝映画だった。

4月14日の岩波ホールから順次全国公開し広島は7月7日かららしいが、映画を見るためだけに広島まではチョット予定がたたない、レンタル開始を首を長くして待つとしましょう。。

ジム・ローチ監督、ケン・ローチ監督の息子である。

公式Webサイトは こちら

|

« 梅雨の指定席 その2 | トップページ | 紫陽花革命 20万人!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オレンジと太陽」:

« 梅雨の指定席 その2 | トップページ | 紫陽花革命 20万人!! »