« ツーリスト | トップページ | 甘夏のブランマンジェ »

大島紬 黒地

2012_05260045

オーソドックスな鉄黒色の泥大島、帯も合わせやすい、いままでなら朱色の染帯が定番だったがもうちょっと渋く縮緬の萌葱色の染帯を。。。




2012_05260047_2

柄は大島によくみられる幾何模様に唐草を組ませたもの。

飽きのこない伝統的な柄。





|

« ツーリスト | トップページ | 甘夏のブランマンジェ »

趣味のきもの」カテゴリの記事

コメント

私もこの大島にこちらの帯の組み合わせが好きです~♪
大人にならなければ着れない色合わせですね。。

投稿: komichi | 2012年5月26日 (土) 00時02分

*komichiさん
そうなんです、いつのまにかこういう色合いが落ち着く年齢になっていました。
やはり、織の着物には染帯ですね、ブログにupするにあたり、色の表現にぶちあたりました。ネットで“色の見本帳”で検索、萌葱色が一番近いかと・・・、日本語の奥深さ、知らないことがいっぱい!!

投稿: 白いねこ | 2012年5月26日 (土) 11時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大島紬 黒地:

« ツーリスト | トップページ | 甘夏のブランマンジェ »