« 端午の節句 | トップページ | 越後大島紬  焦げ茶 »

墨彩展-麻生美世

日本画の画家“麻生美世”先生がK市内のホテルで墨彩展を開催された。

2012_05030044

2012_05030043

80歳を期に一区切りとして、展示した作品70点の売上金を社会福祉協議会に寄付するチャリティとして開かれた。

「墨彩画は日本画の中の一つの領域、日本画を描く間の息抜きの場、肩肘張らず気楽に描いています」と話される。

2012_05030039

2012_05030041_2

月1回配布される「市政だより」の表紙を描かれていたのが麻生先生だった。

ほのぼのとしたタッチでわが町の風景を表現されていて、一枚原画が欲しいなと思っていたしチャリティーということなので購入するつもりで会場へ。

そこで先生ともお話しでき、お住まいが我が家から10分ほどと聞いてまたビックリ!!
仕事を持っていきいきとして過ごされている先生を見て、激励されているような想いで帰ってきた。

購入したのは以下の2点。

この町に住む人なら誰でも良く知っている風景の春と冬を描いた2点。

2012_05030063

2012_05030064

|

« 端午の節句 | トップページ | 越後大島紬  焦げ茶 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

白いねこさんへ

う~ん 何だか、近くにいるような錯覚を感じてします。

らしいなと思える…絵を購入
温かな絵ですね。

今度直に観に行きます(^^ゞ(何時になるやら)

                  トントン

投稿: トントン | 2012年5月 8日 (火) 11時59分

80歳になられてもお元気に墨彩画を描かれる麻生美世先生は素晴らしいですね~♪
やさしく語りかけるような風景画が印象的ですね。。

投稿: komichi | 2012年5月 8日 (火) 14時25分

*トントンさん
同県人の平山 郁夫先生を彷彿とさせる絵でした。
でも価格は私が買える範囲でした。(ホッ)

投稿: 白いねこ | 2012年5月 8日 (火) 20時22分

*komichiさん
コメントを残して頂きありがとうございます。

きさくに話しかけて頂きました。背筋がピシッと伸びて、洋装がお似合いで少し意外でした。

投稿: 白いねこ | 2012年5月 8日 (火) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/503777/45179191

この記事へのトラックバック一覧です: 墨彩展-麻生美世:

« 端午の節句 | トップページ | 越後大島紬  焦げ茶 »