« 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 | トップページ | 初期伊万里 染付石榴紋皿 7寸弱 »

映画は映画だ

映画は映画だ

製作年:2008年

製作国:韓国

原題:Rough Cut

韓国の人気スター、ソ・ジソプとカン・ジファンがヤクザと映画スターという対照的な2人の男を演じる異色ドラマ。鬼才キム・ギドクが原案と製作を担当し、ギドク作品の助監督を務めてきたチャン・フンが本作で監督デビューを果たした。人気俳優のスタは新作のアクション映画でファイトシーンを撮影中、頭に血が上って共演者に大けがを負わせてしまう。そんな短気で傍若無人なスタの振る舞いによって彼の相手役を引き受けようという俳優がいなくなり、撮影が中断する事態に。そこでスタは、以前出会った俳優を夢見ていたというヤクザの男ガンペに話を持ちかける。ガンペは、ファイトシーンでは本気でやり合うことを条件に出演を承諾するが…。

出演:ソ・ジソブ、カン・ジファン

題名通り“映画は映画、現実とは違う、これが現実だということをみせつけるようにして終わるラストシーン”
ストーリーも構成もありきたりで観客に何かを訴えかけるのではなく、二人の俳優の魅力を最大限に見せつけるための映画のような気がする。後半の泥の中での乱闘シーンも迫力はあったが、あんなに長く撮る必要もないように思う。
二人のファンにはたまらなかっただろうが・・・・。

ソ・ジソブ、最初に観たのは“バリでの出来事”、あまり印象はなく暗いイメージの俳優という感じだったが、“ごめん愛してる”、“カインとアベル”と結構日本のテレビでも放映されているんだね。

カン・ジファン、これしか見てないがソ・ジソブの個性に対するには少し物足りない気がする。

|

« 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 | トップページ | 初期伊万里 染付石榴紋皿 7寸弱 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 | トップページ | 初期伊万里 染付石榴紋皿 7寸弱 »