« 庭デビューを待つシンビジューム | トップページ | 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 »

新少林寺/SHAOLIN

新少林寺/SHAOLIN

製作年:2011年

製作国:香港/中国

原題:新少林寺 英題:Shaolin

1982年の大ヒット・カンフー映画「少林寺」を基に、その新たなる物語として、アンディ・ラウ、ジャッキー・チェンはじめアジアを代表するスターたちの豪華共演で贈る歴史スペクタクル・アクション大作。監督は「コネクテッド」のベニー・チャン。辛亥革命によって清王朝が倒れて間もない中国。各地で争いが絶えず、混沌が続いていた。そんな中、登封市にある少林寺では、僧侶たちが戦火で傷ついた者たちの救助に奔走していた。冷血な将軍・侯杰(こうけつ)は、そんな少林寺に馬上のまま乗り込むや、逃げ込んだ敵将を殺害、揚々と去っていく。ところが、ほどなく腹心・曹蛮(そうばん)の裏切りに遭い、今度は自らが少林寺に逃げ込むハメに。全てを失った彼は、心を入れ替え出家を決意する。

出演:アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェン、ファン・ビンビン

私の想う“少林寺”とは“動かざること山のごとし”のような厳かで重厚感のあるイメージだが、この映画からはそれが感じ取れなかった・・・・。映像も豪華でアクションも見ごたえがあったが、“少林寺”の存在感がなく消化不良。
後半の観念的な台詞、構成、映像は何なんだろう。何か意味深なのは考えすぎなのだろうか?

アンディ・ラウ、やはり悪人のまま終わらせなかったな。ニコラス・ツェーは精神の偏った役ははまり役かも、ジャッキー・チェンはちょっと太りすぎ、最後においしいところを全部持っていった。ファン・ビンビン、このひとが・・・・・!名前と顔がやっと一致、前に中国トップの美人女優と聞いたが、確かに・・・・。

|

« 庭デビューを待つシンビジューム | トップページ | 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 »

TSUTAYA・UNEXT・DMM便り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 庭デビューを待つシンビジューム | トップページ | 文学への扉 藤沢 周 by 中国新聞 »