« おいしい!栗の渋皮煮 | トップページ | 秋の味覚・・・さんまを生で »

郷愁・・・・食用菊

15_2

実家である新潟の姉から、荷物が届いた。

開けてみると、食用菊、枝豆、梨の新興等がたくさん入っていた。







一瞬、20年前に戻ったような錯覚を覚えた。亡くなった母もよくいろいろな季節のものを送ってくれた。「東京では売っていないだろうから」といいながら、故郷の匂いのするものを季節ごとに送ってくれたものだった。

それを今、姉がかわりに送ってくれる。感謝しなくては!

菊の袋の封をきると、懐かしい菊の香りがただよってきた。あーこの香りだ。それと同時に、母の「皆でヘタをとって!」の一言で、姉妹で籠いっぱいの菊のヘタをワイワイ言いながら取ると、母がそれを台所で湯がき始める・・・・そんな思い出でが、次々と浮かんできた。

早速、お浸しを作ってみた。ヘタを取った菊のはなびらを、沸騰してお酢を少し入れた鍋の中へ入れ、すぐ取り出す。それを水に浸けず、自然に水気を切り、少し絞ってたものを、芥子醤油、わさび醤油、マヨネーズと醤油それぞれ好みのものを付けて食べる。お酒のつまみにもとってもよく合う。

秋の味覚に、食用菊もあるということ、それよりなにより母の愛情を思い出させてくれた、姉の荷物だった。




|

« おいしい!栗の渋皮煮 | トップページ | 秋の味覚・・・さんまを生で »

歳時記」カテゴリの記事