« 新聞連載小説“親鸞” その3 選択本願念仏集 | トップページ | 郷愁・・・・食用菊 »

おいしい!栗の渋皮煮

13

採れたての栗をたくさんもらった。

そこで、まずは定番の栗ご飯を作ったのだが、まだ大分残っているので、前から作ってみたかった渋皮煮に挑戦してみた。

出来上がりはご覧の通り、外見もまあまあ、味も最初にしては上出来で、評判もすこぶる良かった。

夫Nの感想は、“和製マロングラッセ”との事。




作り方は、鬼皮をむいた栗600gを、たっぷ゜りの水に一晩つける。

鍋に、栗とかぶるくらいの水、重曹大匙1を加え、弱火で10分くらい加熱したのち煮汁を捨て、そのまま流し水につけ、すんでくるまで流し水につけながら渋皮のすじをとり洗う。

この動作をもう2回繰り返し、鍋に、栗、ひたひたの水、砂糖150gの1/3を入れ、弱火で10分ほど煮て冷ますをもう2回繰り返し、一晩煮汁につけて出来上がり。

来年、また作ってみようと思う程美味しかった。

参考はこちら




|

« 新聞連載小説“親鸞” その3 選択本願念仏集 | トップページ | 郷愁・・・・食用菊 »

歳時記」カテゴリの記事