« 政権交代の風 | トップページ | 新聞連載小説“親鸞” その3 選択本願念仏集 »

政権交代の風の残した遺物

いやーびっくりしたな!

まさかここまで自民党が議席を減らすとは・・・・・。それにしても、フジの議席の出口予想にはまいった。菅さんの目がうつろだったな。

選挙区で敗れたにもかかわらず、比例重複で次々と当選してくる国民がNoを叩きつけた張本人の遺物たち。比例名簿に条件はつけて欲しかった。過去、内閣に入っていた人や三役に入っていた人、解散時の選対委員長、総裁経験者だ。その点、古賀さんは恥を知っていたのかも。

公明党は小選挙区では全滅だったが、自分たちの数はしっかり読めていた。その為、比例重複はしなかったが、それがあだになったようだ。ここまで投票率が上がり、自民の票が民主に流れるとは思っていなかったのだろう。公明党はこれが限度なのかもしれない。

さて、民主党だが、二つの組織を目指すという。

首相直属の予算編成などの司令塔として、党幹部が担当閣僚を兼ね、官民から広く人材を集める「国家戦略局」、全ての予算や制度を精査し、無駄をなくすことで財源を生み出したい「行政刷新会議」だ。各省庁に100人の国会議員を送り込む構想と併せて「政治主導」をアピールする狙いなのだという。

とにかく、情報公開を基軸にして頑張ってほしいと切に想う。

|

« 政権交代の風 | トップページ | 新聞連載小説“親鸞” その3 選択本願念仏集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事