« 新聞連載小説“親鸞” その2 法然との出会い | トップページ | 政権交代の風の残した遺物 »

政権交代の風

いよいよ第45回衆院選の投開票を迎えた。

今回に限り、マニフェストは殆ど目を通さずに決めた。大体の政策披露はわかっているせいもあるが、今回は政策うんぬんよりも、政権交代に尽きるからだ。

民主党政権になるだろし、その後もいろいろな問題が山積みになってくるだろうし、大連立構想が必ず起きるだろう。

しかし、政権交代をして、いろいろな問題を国民の目にさらし、政権与党の難しさを考えるきっかけを与え、膿をさらけださないと、この国は敗戦後のあいまいさをひきずりながら、末路をたどるような気がしてならない。

今日の民主党の新聞広告が良いので、控えておこうと思う。自民党の広告は、そのまま自民党に返したいほどひどいキャンペーンだった。

“あなたは言う。どうせ変わらないよ言う。政治には裏切られてきたと言う。しかし、あなたはこうも言う。こんな暮らしはうんざりだと。私は言う。あなた以外の誰が、この状況を変えられるのか。あなたの未来は、あなたが決める。そう気付いたとき、つぶやきと舌打ちは、声と行動に変わる。そしてあなたは知る。あなたの力で、世の中を変えた時の達成感を”

さてと、家事を済ませたら投票に言ってこよう。自分の最低限の“権利”を行使するために。

|

« 新聞連載小説“親鸞” その2 法然との出会い | トップページ | 政権交代の風の残した遺物 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事