« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

新聞連載小説“親鸞” その2 法然との出会い

毎日欠かさず連載小説“親鸞”を読んでいる。五木さんの文章がわかりやすく、また次の展開を期待さすようなその日の終わり方で、一日のはじまりの楽しい時間になっている。

浄土真宗と聞いてまず思い浮かぶのは、“他力本願”、そのくらいの知識しかなかった私だが、どういう意味をもっているのかも良く解らない。そこで、五木さんの文章で心にとまった所を写してみようと思う。

“吉水の草庵”に集まる人々に向かって語る親鸞の言葉「~阿弥陀仏という仏さまは、この世に生きる哀れな者たちを決して見捨てない、と固く誓われた仏さまじゃ。~わたしは若い頃からたくさんの書物を読んだ。しかし、どうしても納得がいかず、別所の聖となった。そして、ある日、一冊の書物のなかで、はじめてこの阿弥陀仏の誓いを知ったのじゃ。そのときわたしの心と体は、雷に打たれたように震えた。~わたしは大声でその仏の名を呼んだ。感激のあまり、思わず拝んでしまったのだ。南無、阿弥陀仏、とな。~多くの世の母親のなかから、ただ一人の自分の母親と出会う幸せを、選択、という。そしてこの世の哀れな者を一人のこらずすくうぞ、という阿弥陀仏の誓いを、本願という。そのみ仏の本願を信じて、思わず体の奥からもれてる声、それが念仏というもの。声にださねば人にはとどかぬ。ましてみ仏には。ああ、阿弥陀仏さま、あなたさまのお誓いを信じます。そしてひとすじにおまかせします。と誓う言葉が念仏じゃ。仏の誓いと、人の誓いとが触れ合えば、この闇の世に光がさすことは必定。その光に照らされて、はげまされて、われらは生きていくのじゃ。死んでいくのじゃ。~」

吉水で法然の言葉を聞いた日から範宴は毎日草庵に通い、次のように思う。「法然は、万巻の経典の中から、一行の言葉に触れて阿弥陀仏という仏と出会ったという。そして、これまでに学んだことのすべてをなげうって、阿弥陀仏に帰依した。それを法然は、選択、という言葉で語っていた。選択とは、多くのもののなかから一つを選び取ることだ。いや、それだけではない。選択とは、みずからが選び取ったということだけではなく、むこうから選び取られた、という事実も大事なのではないのか。選択とは、選別ではない。~すくわれたい、という願いと、すくいたい、という願いが触れ合って火花が散る。そこにうまれた光が闇を照らすのだ。法然に感じられるたとえようもない人格は、その選択をえて、微塵もゆるがぬ姿なのだろう。そのような人格を、古い天竺では仏陀といったと聞く。仏陀とは、覚者のことであり、眠りから目覚めたひとのことでもあるらしい。~阿弥陀仏も、もともとは人であった。悟りをもとめ、大きな誓いをたて、そしてついに真理に目覚めて、大いなる光明に照らされ、みずからも光をはなって人々をみちびく存在を、仏、というのではないか。そうだとすれば、目の前の法然は、人でありながら、じつは覚者であり、仏であるといえるのかもしれない。」

感動した範宴は法然に師事することになる。たくさんの書物を読み、夜を徹して議論しても得られなかった感動を、法然の言葉を聞き、得たのだ。

|

便利!ブラッシングブラシ

9

 “みー”のブラッシングケアーの3点セット

雑誌“ねこのきもち”の付録(ピンクのブラシ)。

これがとっても便利、いろいろ試したが、今はズーッとこれを愛用している。







10_2 

ブラッシングしてとれた毛の始末も簡単に出来、突起がゴムなので静電気も起きない、なにより“みー”が嫌がらない。

真ん中のノミとりコームで短い部分の毛をすくい、左のコームで全体のしあげをして終了。








| | コメント (0)

“みー”も久し振りに

33

廊下を歩いていて、優雅に横たわる“みー”を発見。

あまりにも色っぽかったので、ついシャッターを押したのだが、画像ではその艶っぽさが伝わらず、残念!








| | コメント (0)

ネットオークションにはまって

このところずーっと、ネットオークションにはまっていた。こんなに夢中になるとは自分でも予想していなかった。

今頃になって、自分の性格が、興味のあることに出会うとまっしぐらになってしまうという事に気が付いた。

最近のベストスリーは、台湾のグループF4、ブログ、ネットオークションである。

私は、前からやきものに興味があり、自分の生活空間を好きな器を使って暮らしたい、それも、本物をと思っていた。だが、価格と探す時間を考えるとすぐに無理と思い、あきらめていたのだ。

だが、オークションを覗いて集めようという思いが湧き上がり、早速、会員登録し始めた。探すのは“古伊万里の器”最初は見るもの全てが良く見えたが、所詮、画像での判断なので真贋の区別が付きにくい。幸い、若い頃、西洋や日本の本物の骨董にふれる機会があったので、初心者よりも判断できると思っていたが、画面では無理と判断、信頼できる出品者を先に探すことにした。そして、数人の出品者のオークションに参加して何点かの“古伊万里”を手に入れた。

染付けの大皿、赤絵の角皿、赤絵の手塩皿、錦手の中皿、それぞれ手にして満足している状態である。

あとは、染付けの長皿、向う付を探すつもり。楽しみが増えたなあ!

|

でた!都議選の結果

“任期満了に伴う東京都議会議員選挙(定数127)が12日投開票され、民主党は、現有議席(34)を大きく上回り、54議席を獲得した。民主党は初の都議会第1党となる。自民党は現有議席(48)を大幅に減らして過去最低に並ぶ38議席となり、自公で過半数割れとなった。”(産経新聞)

先日の静岡県知事選に続き、民意は確実に野党に動いているのがはっきりした。静岡県知事選の時は、民主党が候補を一本に絞れなかったりで、難しいのではと思っていたので、結果が出たときは正直鳥肌がたった。

だから、今回の都議選の結果は、流れからいってそんなに驚くものではないが、過半数をとるとは思っていなかった。

中国新聞で読んだ記事で、日本学術振興会特別研究員である白井聡さんが語った“小泉さんの「官から民へ」の言葉に代表される市場原理主義、公共事業費、社会保障費の歳出削減や規制緩和を急速に進めた結果、大きな富の生産に結びつく国民と結びつかない国民に線引きされ、膨大な中間層が構成された。下層に落ちる危険性を常に感じながら生きる中間層が、今後ナショナリズムの担い手になる”というくだりを思い出した。

今まで安定した生活を送っていた膨大な中間層が、今のままの政治に危機感を覚えたのは確かなことだと思う。いろいろな思いで今まで動かなかった層が少しずつ動いている。それを自民党が読みきれなかったのだ。的外れな政策、的外れな政治家の行動も拍車をかけた。山が動くのは当然だったのだ。

民社党になって、政治が国民にとって良い方向を向くという保証はないが、それよりも、今の政治ではダメだという選択を国民が政治家たちに示したということは、これからの国民の側の第一歩である。

|

久し振りに、

久し振りにブログを開いた。

前回書いたのは2月だから、約4ヶ月間開けてなかったという事だ。そもそもブログを書こうと思い立ったのは、季節の移ろい、その時々に起こったいろいろな出来事、いつか別れなければならない愛猫の“みー”の事等の想いを形にして残そうということからである。一日がアッというまに過ぎ、記憶も時とともに薄れていき、その時の想いを大事にしたいと思ったからだ。

だから、ブログを書いていることは東京の数人の人にしか知らせていない。夫“N”にも生活空間の誰にも。

そうしないと、自分の素直な気持ちを出して書けないと思ったから。あくまで、私的な一方通行の形なので、コメントも“ペット”でしか受け付けていない。

そんなブログでも訪問してくれる人がいる。有難いことだ。

この4ヶ月間はまっていたものがある。それは、ネットオークション。

それも、大体、形が見えてきたので、そろそろまた少しずつブログを書いていこうと思うこの頃だ。

|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年8月 »