« 秋の日差し | トップページ | 秋の風情 »

秋の収穫

36_2

今年の柿の収穫は去年の3分の1くらいだった。

でも、殆ど手入れをしていないのに実を付けてくれたことに感謝。

渋柿なので、今年も半分は焼酎に付け、半分は干し柿にしよう。

渋抜きは柿のヘタを焼酎に漬け、新聞紙を敷いたポリ袋に入れ、口をしっかり閉じて密封する。7日~10日位で渋が抜ける。
渋がぬけているかどうかの見分け方は、ヘタが青いのは抜けていない。ヘタが茶色に枯れていると抜けているらしい。




6 

干し柿は皮をむき、柿と柿が付かない程度の間隔をあけて、日当たりと風通しが良く、雨のあたらないところにつるして乾かす。

一日一回、手で丁寧にもみ、約一週間位で軟らかくなり食べられる。
これをもう少し干したら紙に包み、室内に置いて全体がなじむようになったら、また直射日光に干し、乾いたら一週間位内干しすると、白粉がついてくるらしい。

干し柿の美味しさが最近になって分かってきた。





|

« 秋の日差し | トップページ | 秋の風情 »

歳時記」カテゴリの記事