« 初秋の指定席 | トップページ | 秋の日差し »

幻のやきもの“姫谷焼”

Hz9977010ue2_3

以前、中国新聞で“姫谷焼”の特集をやっていた。

江戸時代の一時期にだけ製作されたとされる“姫谷焼”、色絵磁器の皿を中心とするやきものらしいが、伊万里焼のように洗練された絵付けでもないし、九谷焼のような仰々しさもないが、素朴な絵付けとシンプルな構図で独特の魅力があり、ひとめで心引かれた。

“姫谷焼”は福山市北部を中心とする地域に古くから伝えられてきたが、だれが、いつ、何のために製作したのかが明らかでなく、実体は謎に包まれていたという。その謎の解明は、その後実施される窯跡の発掘調査を待たねばならないらしい。

考古学的研究が進んだ現代において謎のやきものがあるということにも驚いたが、それもまた、この“姫谷焼”の魅力になっているのかもしれない。

|

« 初秋の指定席 | トップページ | 秋の日差し »

地域情報」カテゴリの記事