« 秋の祭 | トップページ | 初秋の指定席 »

9月の庭-'08

秋は実りの季節だと実感!14 

夏の照りつける太陽の光を浴び、恵みの雨で潤い、大地の栄養を吸収し、庭のあちこちで植物や木が実を付けている。

熊葛(くまつづら)科の紫式部。 語源の通り“美しい実”をつける。

この実を小鳥たちが食べているのを見たことがない。餌にはならないのだろうか。


15








ネズミモチの実も大きくなってきた。21
名前のわりには可愛い実がついている。
花も白く、小さな可愛い花である。









26 

クロガネモチの実

秋が深まるにつれて、実の色がだんだん赤くなり、庭の中で存在感を出してくるのがこの木だ。

丈夫な木で、強い剪定をやっても次々と新芽を出すのが心強い。







去年は柿が豊作だった。18 

今年は数えられるくらいの実しかついていない。

でも、やはり柿は秋の代名詞、柿の実が大きくなるにつれ秋の訪れを実感する。








|

« 秋の祭 | トップページ | 初秋の指定席 »

四季の庭」カテゴリの記事