« 薬害肝炎 救済法成立 | トップページ | ねむり猫 »

ねじれ国会

ねじれ国会の弊害という言葉を良く自民党議員やマスコミから聞くが、ねじれ国会はそんなに国民にとってよくないのか日ごろ思っていた。

そんな中、中国新聞の論壇リポートで東大名誉教授の篠原一氏の「世界」での論文の一部が載っていて興味深かった。

「ねじれ国会の下では、与野党が徹底的に『討議』を重ねなければ政策が実行されない。問題の調整と解決は必ずしも容易ではないが、すくなくとも合意獲得のために努力すること以外に方法はない。これがデモクラシー本来の姿である」と評価する。また、「国会で民主的討議が反復されるときは、主権者たる市民の出番のときである。懸案の争点について市民の意見が求められるはずだ。国会にとってのチャンスはまた市民社会にとってのチャンスである。」と、市民のさらなる政治参加と成果に期待をかける。

だが今回、ねじれ国会のもと衆議院で簡単に再可決してしまった。国会は話し合いの場にならなかった。

参議院での野党多数のねじれは一番新しい民意である。それを郵政民営化の是非だけを問うて得た衆議院の多数で再可決してしまったのである。

|

« 薬害肝炎 救済法成立 | トップページ | ねむり猫 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事