« 池に鯉? いえ金魚です。 | トップページ | 薬害肝炎訴訟のジャンヌ・ダルクたち »

薬害肝炎訴訟

20日、国との和解協議打ち切りの表明会見を見た。

代表の山口さんは無念さをにじませながらも、線引きのない一律救済を求めていくという。

当然である。自分にまったく落ち度がないのに輸血で肝炎感染し、人生を狂わせられる。その責任は政府以外誰がとれるのだろう。

政府は札束で頬をたたくやり方はもうやめて、真摯に原告の声に真正面に向かい合ってほしい。

|

« 池に鯉? いえ金魚です。 | トップページ | 薬害肝炎訴訟のジャンヌ・ダルクたち »

経済・政治・国際」カテゴリの記事