「子供新聞」

 

Dscf0015

中国新聞
第1、第3日曜発行の「ちゅーピー子供新聞」が愛読書
 
話題のニュースを解りやすく解説しているので
通常の新聞より読みやすい
 
捨てがたいのが
子供から大人向けの
理科、国語、算数、歴史、社会のテスト
 
脳トレのつもりではじめたのだが
そこは子供向け
あまり難しくないのでつまずかないで続いている
 
ところが
今回の算数
「分配算」という初めて聞く言葉がでてきた
 
解りそうで解らない・・
解説を読んでやっと納得
 
この先
使うこともないだろう計算なので
軽くスルーした
 
 
 

Dscf0016 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

10月の雑草と今頃の庭

 

Dscf0008 

玄関前の竹笹の隙間から
黄色い5㎜ほどの花がちらほら

拡大すると
こんな感じ

 

 

 

Dscf0010

 

 

 

Dscf0013 

花も葉もボケボケだけど
「ヤブタビラコ」のようだ

雑草と呼ばれる植物は
数限りないので
我が家の庭で目に入ったものだけをupしてきたが
これは
久しぶりのニューフェース

 

 

 

Dscf0006 

柿は
隔年で生るので
今年は数個が実っているだけ

紅葉ももうすぐ
今年は
虫喰いが風情のある
柿の葉の紅葉は遅いようだ

 

 

 

Dscf0003 

山茶花の木の下
ヤブランに覆われた石

ここは
庭で亡くなっていた小鳥たち
飼っていた金魚たちが眠っている

「禁じられた遊び」の十字架ではないが
この時期唯一咲いている

「ハクチョウゲ」と「南天」の葉を添えて・・

 
 
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな一枚

 

Dscf0026

6月の気候のいい日
ベッドでTVを見ながら寝てしまった
夫にお付き合い
 
お互い
いい夢をみてたんでしょうね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうとうWindows 10に・・

 

Dscf0031_2

2000年にWindows Me購入
2007年になんとか自力でMeからXPにバージョンアップ
2010年にWindows 7
そして
2018年6月
とうとうWindows 10に

7は何の支障もなく使っていたのだが
今年の3月頃から支障が出てきた

富士通サポートセンターのオンラインで中をみてもらっても
ハード、システム面ともに異常は確認できなかったのだが

Microsoftの更新プログラムの自動更新時
入っていないはずの10の更新プログラムが入り続け
それだけが毎回更新に失敗した時期と
支障が起こる時期が重なることから
関係あるのか質問してみたら可能性はあるという

思い当たるのは
10のプログラム無償インストール期間に7にインストールした事
うまくいかずアンインストールしたのだが・・

アンインストールしてもそれが7のプログラムに影響したのかも・・と
そういう事象はチェックしきれないらしい

結論は
デカバリーする必要があるという事だった
で、デカバリーするくらいなら買い替えようと判断した次第

Windows 10・・
トップ画面からして今までとは違うなぁー
スマホのようにボタンひとつでアプリや機能を選択できる
ブラウザは標準搭載されたMicrosoft Edge
Internet Explorer 11も搭載されている

“microsoft Edgeは積極的にインターネットの情報を「活用」する
工夫が凝らされておりインターネットの情報が
より使いやすいものになっている・・”という解りにくい説明だが

要するに
ひとつの操作をするとそれに関連した情報が勝手にどんどん入って
くる感じ

確かに今までのOSとは格段の差
機能もアプリも新しい世界が広がっていくような・・

だが
ううっ・・使いこなすだけの時間と知識が足りない~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思いがけない頂もの

 

Dscf0034  

春真っ盛りのころ
今を盛りと咲いている花をみて

そうだ
麻生先生の所へもっていこうと
一抱えほどの束を作った

庭に咲く花は毎年同じ
出来上がったブーケは
こんな感じ

 

私と先生は
電話番号も交換しておらず
いつも
私が一方的に押しかけている

後日
「早速描きたくて描きました
Mさんに一枚もらっていただきたく
ぜひ近いうちにお立ち寄りください」
と書かれたハガキが届いた

描かれた花は
ピンクのワトソニア

絵に合った
シックな額に入っていた

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

西日本豪雨災害を経験して

Dscf0028_2

やっと
なんとか落ち着いた生活が戻ってきた

今回の西日本豪雨は
広島県全域にも大きな被害をもたらすことになり
続いていた断水も
18日に供給されだしたが
まだまだ全域というわけではなく
不自由な生活を余儀なくされているところも多い

その日6日は
雨が降り続き
夜になってもかなりの量の雨が降り続いていた

翌朝
よく降ったなぁと思いながら窓を開けると
道路を雨水でなく
泥水が流れていたので
かなりの被害が出たのではと直感した

断水生活というのはかなりきつく
給水の列に並ぶというのも初めての経験
飲み水は
ミネラルウォーターをケースで購入しているので助かった
芸予地震を経験しているので
紙コップ、紙お皿、割りばし、缶詰、非常食等を
倉庫に備蓄してあったのだが
やはり
一週間分は確保しておくべきだと思った
それと
水をいれるタンク
1缶用意していたが
2缶は必要だと思い知った
スーパーへ行っても
水やお鍋を使わないで食べられる
パン、レトルト、カップラーメンから先になくなっていった

この10日間
自然の怖さ、水の怖さと重要さ
それに
いかに便利な生活に慣れきっていたかを思い知らされ
非常事態は常に身近に迫っているのだということも・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

あやめ アヤメ 菖蒲

 

2018_05100005

 

色とりどりに咲いていた
花もそろそろ終わり
今は
アヤメの季節

 

 

 

2018_05100009
 

 

 

2018_05100012

 

あちこちにアヤメ
光琳の
「燕子花」には及ばないけれど

 

そして
緑もより深くなって
深緑の季節

 

 

 

2018_05100017

 

大好きなヒメヒオウギ

こぼれダネで
あちこちに顔をだしている

 

 

 

2018_05100019
 

こんな所にも

茎がスーッと細く
可憐な草姿のわりに丈夫なんだなぁー

 

もう少ししたら
サツキが
満開になってくる

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「熊谷守一」の「白猫」

 

2018_05010001

ふふっ
白いの揃い踏み

磁器のふたつはロイヤルコペン
下の小さいのはピンバッジ

夫がネットで
車のピンバッジを検索
それを横目で見ていて
偶然みつけたもの

「ちょ、ちょっと、そこで止めて~」
と・・私
やっぱり
そうだった

 

 

 

 

2018_05010004

 

画家「熊谷守一」の描いた「白猫」
のピンバッジ

この白猫はハイコという名で
猪熊弦一郎の奥さんから譲っていただいた猫らしい

(他のブログからの豆知識)

彼の描くねこの絵が好きで
「守一のいる場所」
という図録が欲しいなぁー
と思っていたところ・・
「白猫」が
ピンバッジでやってきた

 

関連記事を検索していたら
2018年5月19日より
映画「モリのいる場所」が
全国公開されるという

こういう映画は
派手に宣伝しないので
偶然にも見つけられてよかった~

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

満開 ピンクの藤

 

2018_04220024

この時期
山にはあちこちに紫の山藤

我家の庭は
この薄いピンク色

古木なので
このところ花がつかなかったが
今年はそれを取り戻すかのような咲きかただ

 

 

 

 

池の主
白いのと同級生の金魚3匹
見えるかな~

暖かくなってきたので
藤の花の下
気持ちよく泳いでいる

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

春の音戸大橋

 

 

2018_04160016

さぁ~つつじの時期がやって来た

このところ
呉に行く機会が多くなり
今まで
なかなか撮れなかった
4月の音戸大橋をこのときとばかり・・

島へ渡るので(呉からの帰り)
橋までの緩やかな螺旋道路をしばらく登る

まだ3~5分咲きのつつじが
目に飛び込んでくる

後方に
見えるのは第二音戸大橋

 

 

 

2018_04160018

 

螺旋道路の途中からでも
音戸の瀬戸公園に入ることができ
広い駐車場やグリルもあるので
ゆっくり過ごせる場所

 

 

 

2018_04160015
 

 

 

2018_04160012
 

しばらく登ると
左手に
朱色の音戸大橋

 

 

 

2018_04160011
 

正面が
私の住む倉橋島
橋の下
90メートル程の瀬戸を
渡船が今でも
一日数往復している

 

つつじの見頃は
この週末あたりかな~

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«さくら咲く頃に