満開 ピンクの藤

 

2018_04220024

この時期
山にはあちこちに紫の山藤

 

我家の庭は
この薄いピンク色

 

古木なので
このところ花がつかなかったが
今年はそれを取り戻すかのような咲きかただ

 

 

 

 

池の主
白いのと同級生の金魚3匹
見えるかな~

暖かくなってきたので
藤の花の下
気持ちよく泳いでいる

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の音戸大橋

 

 

2018_04160016

さぁ~つつじの時期がやって来た

このところ
呉に行く機会が多くなり
今まで
なかなか撮れなかった
4月の音戸大橋をこのときとばかり・・

島へ渡るので(呉からの帰り)
橋までの緩やかな螺旋道路をしばらく登る

まだ3~5分咲きのつつじが
目に飛び込んでくる

後方に
見えるのは第二音戸大橋

 

 

 

2018_04160018

 

螺旋道路の途中からでも
音戸の瀬戸公園に入ることができ
広い駐車場やグリルもあるので
ゆっくり過ごせる場所

 

 

 

2018_04160015
 

 

 

2018_04160012
 

しばらく登ると
左手に
朱色の音戸大橋

 

 

 

2018_04160011
 

正面が
私の住む倉橋島
橋の下
90メートル程の瀬戸を
渡船が今でも
一日数往復している

 

つつじの見頃は
この週末あたりかな~

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さくら咲く頃に

 

2018_040200252

 

 

 

2018_04020026

 

呉市から島への帰路
音戸大橋を渡る直前
山あいからほんの一瞬見える景色

音戸の瀬戸を渡る汽船も垣間見え
島も桜色に染まって・・

この場所は
観光客はもちろん
足をとめる住民もいないが
私のお気に入りのスポット

島の中腹
広いなだらかな屋根の建物が
法専寺さん

 

 

 

2018_04020029

 

桜ごしに臨む
第二音戸大橋

この場所も
島に帰る途中
立ち寄るお気に入りの場所

広い駐車場から開ける視界
遮るものがなにもなく
目の前に瀬戸内の海と橋が拡がる

ふと
安藤広重の浮世絵を思い出した

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

春の足音

 

 

2018_03060007

剪定後の杏の蕾

このところの暖かさで
あっという間に蕾がふくらみをもってきた

鋸で幹を切ると
断面は紅色
おがくずも紅色に

 

 

 

2018_03060002
 

やぶ椿

今年は
たくさんの花が付きうれしい

今年は
大雪になった故郷
白い雪の中で
赤い椿も咲いているのでしょうか

 

 

 

2018_03060004

 

 

2018_03060006
 

我家の庭で
いち早く春を告げるのが
紅梅と水仙

紅梅は
早くも散ってしまったが
水仙が春の香りを運んできた

 

 

 

2018_03060016
 

クロガネモチの
グラウンドカバーになっているサツキの
すきまから万両が

この頃になると
実ものは
殆ど鳥たちに食べられ
葉だけになっているのに

どうやら
鳥たちに気づかれなかったようだ

 

 

 

2018_03060012
 

倉庫の樋から
落ちる雨を貯めておこうと
置いた鉢

杏の小枝を
入れてみた

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

かんたんメモ帳

 

 

2018_02130003
 

目からうろこ・・な
記事がいっぱいで
良く訪問する若~い方のブログ

雑貨、デジモノ、日用品等
私とアンテナが違うので
へぇーといつも新鮮な発見


見つけたこれは
チラシ等の裏を使ったメモ帳

立派なメモ帳は不必要
用途毎にメモでき
見やすく
ちょっとした隙間があれば差し込める

私は
切り取ったカレンダーを使っている
冷蔵庫にマグネットで止め
買い物に行くとき
そのままバックにもいいかも~

 

 

 

2018_02130004
 

そのブロガーさんも
こちらからリンクされていた

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目が離せない

 

 

2018_02260010
 

最近
暖かくなってきたので
夫のベッドがお気に入り

先生から
椅子やテーブル等に飛び乗ったりするのは
避けるようにといわれているので
傍のソファで見張り中

夫は
身動き一つせず固まったまま
動くと白いのが降りちゃうからね

 

そうそう
A美ちゃんが
学校が休みに入ったので
会いに来てくれるんだって
嬉しいね~~

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風とともに・・

 

2018_02130005

ジョウビタキとひよどりが
庭のあちこちを
我が物顔で飛び交っている

ランチタイムは
こちらでどうぞ~

 

 

このところ
ひとりの女性の名前が
頭の片隅から離れない

有賀さつきさん

ご自身の病気の詳細をご家族にも知らせず
身辺整理も整え
鮮やかに消えていった

その覚悟のほどの裏に
どれほどの葛藤があったのだろう・・

華やかなイメージを
みごとに覆され
その強さに
ただただ想いを馳せている
私がいる

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

和の香り

 

2018_01010005_2

「源右衛門 蛸唐草香炉」

去年12月
夫からの誕生日プレゼント

せっかくもらったんだから
お披露目しないとね~

香炉好きを知っているので
ネットで探したらしい

結果
これを選んだ理由は
染付という事と
蛸唐草の絵付けは珍しいからということらしい

ふふっ
日頃の教育が実を結んだ

 

 

 

2018_01010008_2
 

「私が使っているお香・・使ってみて」
と姪からもらった「白川」

さっそく使いましたよ~

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

地元で人気の・・

 

 

2018_01100007_2
 

今年のお正月飾りは
剪定しなかったので
伸び放題になった「黒松」
庭のあちこちで実をつけている「万両」
M商店で買った「葉牡丹」で・・

花入れに見立てたのは
普段
中に小石を敷き詰め
傘入れとして使っている
見事に割れた
常滑焼と思われる
古い大きな甕

外で飾ってみると
その豪快さはなかなかのもの

 

 

 

    *******************************************

 

 

 

姪たちが
お年賀に持ってきてくれた
バッケンモーツァルトの
「からす麦クッキー」と「酒のいろいろ物語」

夫と私の好きなものを
それぞれ選んでくれたのが嬉しい

 

 

 

2018_01100002
 

 

 

 

2018_01100006
 

クッキーは
アーモンド入りで
焼き立ての食感
家では絶対作れない味

広島の銘酒を凝縮したジュレ
それぞれのお酒に合う果汁を選んで作られ
とっても優しい味

「もみじ饅頭」とともに
広島ブランドになりつつある

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月1日

 

 

2018_01010014_2
 

 

 

   新年あけまして

     おめでとうございます

 

 

昨年は
個人的にはいろいろ忙しく
駆け足で一日、一か月が過ぎていったような

 

日々思う事
生活の彩り
心が動いたことなどなど
確かにあった筈

 

「忙中閑あり」
今年は
そんな中でも余裕をもって・・が
今年のテーマだぁー

 

今年もよろしく
お願いいたします

 

 

 

| | トラックバック (0)

«色づく季節