瀬戸の花婿

 

6月8日 Ⅱ

 

2017_06080027
 

 

 

 

2017_06080029

 

日本三大舟唄の1つと言われている
「音戸の舟歌」の調べとともに
法専寺新院が
渡船に乗ってやってきた。

この渡船は
島と呉市本土を約3分間で結び
第一、第二音戸大橋が出来てもまだ現役で
島民の足となっている。

島に高校もあるのだが
夫は呉の高校に通っていたので
この渡船で通ったと言っていたなぁ。

 

法専寺さんは
男子が生まれず女の子二人
次女が跡を継ぎお婿さんをという事になり
縁があって
備後の浄福寺
御次男の量円さんをお迎えすることとなった。

 

 

 

2017_06080037
 

 

 

 

2017_06080042
 

 

 

 

2017_06080044

 

 

 

 

 

2017_06080045
 

桟橋や参道で
拍手の代わりに花を振ってお迎え。

大勢の人に迎えられ
さぞ新院さんも感激されたのでは・・

住職もこれでやっとひと安心
肩の荷がおりたことでしょう。
いつも冗談でけむにまいてしまう方が
めずらしく「うれしい、うれしい」と
素直に言っておられた。

 

階段を登って御入山。

歴史のあるお寺に入る事
同じ中国地方とはいえ
生誕の地ではない地域に入る事等
いろいろな想いが込み上げた事でしょうね~

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「法専寺」新院入山式

 

6月8日 Ⅰ

 

2017_06170006_2
 

次代住職継承入山式で
「法専寺」へ

 

 

2017_06080012

 

 

 

 

2017_06080003_2
 

浄土真宗本願寺派
「法専寺」

代々の住職は
毛利元就の子孫が勤めている由緒あるお寺。

 

 

 

2017_06080004
 

境内から音戸大橋を望む。
画面には写ってないが
左手に第二音戸大橋が架かっている。

小高い山の上に建っているので
町を一面に見渡せ気持ちが良い。
左手が呉市本土へ
右手に見えるのが橋から島へと続く螺旋道路。

 

 

 

 

2017_06080014

 

境内にある鐘楼
据えてある鬼瓦が凄く迫力あるのだが
撮り忘れてしまった。
右後方に見えるのが第二音戸大橋。

 

 

 

 

2017_06080018_2
 

なんといっても有名なのは
この石垣。

お寺の石垣が
「武者返し」になっているのは
珍しいらしい。

いざという時
お城として使おうとしたのではないか
と言われている。

 

 

 

2017_06080020
 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「閉めちゃうよ~」

 

 

2017_05280001

 

我家の白いねこに対する
命令形は
「駄目よ !」

これで効かないと
「閉めちゃうよ !」
この言葉で大体いうことを聞く。

 

キッチンから
おやつが出てくると思っているので
欲しい時は
キッチンで待っている。

なかなか諦めず
待ち続けているので
「閉めちゃうよ~」

 

 

 

2017_05300001_2
 

「まだ~ ?」
とアコーディオンカーテンの隙間から・・

 

ぼけぼけの
写真だけどね。。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

庭の花でブーケを

 

 

2017_05060025_2

週一回
夫の歯のケアで
近くの歯医者さんに来てもらっている。

地元なので
亡き義理の両親、夫、私と
皆でお世話になっていたせいか
時々
子供さんも一緒に来たりして・・

当時
小学生だったA美ちゃんが
白いねこのみーを気に入って
みーちゃん、みーちゃんと可愛がってくれた。

そのA美ちゃんも
今年の4月から大学生
広島で一人暮らしになるという。

広島へ行く数日前に
「みーちゃん、元気でね」と会いに来てくれた。

 

先日のケア日に
先生が
「今、A美が帰って来てるんですよ」
と話されているのを聞いて
帰られる前にと急いで庭に出て
間に合わせのブーケもどきを作った。

紫蘭、濃いブルーのバビアナは
少し盛りを過ぎていたが
ピンクのワトソニア、あやめはこれから
白い小花のハクチョウゲを添えて作った。

急に
思いたって作ったので
クリーム色の包装紙もしわが入っていたが
元手もかかっていない
気持ちのものですからね~

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「ある小さな禅寺の心満ちる料理のはなし」

 

 

2017_04260001_2

 

大津市月心寺
二代目のご住職であり
2013年に亡くなられた村瀬明道尼さんの御本。

 

全143ページという小品ながら
惹きつけられる話がいっぱい詰まっていた。

最初は
丁寧ながら歯に衣着せぬ言い方や
読み手に
「・・と違いますでしょうか?」
と問いかける
ゆるぎない自分の価値観、美意識にだじろいだが・・

 

 

 

2017_04260005
 

庵主さんが
走井の名水を用いて作る精進料理
中でもゴマ豆腐は絶品と評判だったらしい。

 

「庭の力が四つ。お料理が三つ。お軸やらお花やらの部屋のしつらえ
そして私のおしゃべりで三つ。
月心寺の魅力を十にわけるとしたらこうなりますでしょうか。」
と書かれている。

室町時代、相阿弥の作といわれるお庭を見ながら
季節のしつらえの部屋でいただく
「君がため」のこころでつくられた精進料理・・

これが
庵主さんが書かれている
「曼荼羅」の世界に通じるのだろうか。。

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

「シャガ」と「馬の玩具」

 

 

2017_04180024

 

少し暖かくなってくると
人知れず
ひっそりと咲いているシャガ。

花びらの縁に
切り込みが入ったフリルがあり
白地の花が
繊細で美しい。

 

「著莪(しゃが)」って
面白い呼び名だなぁと思ったら
檜扇(ひおうぎ)の
漢名の「射干」を
音読みしてつけられたという。

多年草で
冬でも濃い緑色の葉が目に付く。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さくらの後は・・

 

 

2017_04110016  (クリックすると拡大します)

満開から
連日の雨にも負けず・・
今年のさくらはしぶといぞ。

 

 

 

2017_04110011
 

春の花達が
ちらほら咲き始めている。

最初に咲くのは
黄、白のフリージア、紫蘭。

 

 

 

2017_04110013
 

 

 

2017_04110015
 

ムスカリ、スノーフレークも

ムスカリは
年ごとに
思いもしない場所に現れる。

来年は
何処へ向かうんですか~

 

 

 

2017_04110020
 

数えるほどしか
咲かなかった木蓮(マグノリア)

ごめんね
剪定しすぎかもね。

 

あと数日もしたら
春の花達でにぎやかになるでしょう。
花の季節4月ですからね。

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花曇り

 

 

2017_04080006

今日は花曇り。

いつもは見える
瀬戸内の海に靄がかかり
船舶どうしが
衝突を回避するために鳴らす霧笛が
ひっきりなしに聞こえてくる。

 

桜は七分咲きくらい。

今日の気温と雨を得て
明日あたりは満開かなぁ。

 

 

 

2017_04080012

 

廃品利用の傘入れに
投げ込んだ杏の枝。

花が散り
新芽が芽吹いてきた。

うまくいけば
杏の実がつくだろう。

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「おはぎ」と「萩の雪」

 

 

2017_03250002
 

「彼岸明け」ぎりぎりに作ったおはぎ。

なかなか
実家のお墓まいりに行くことが叶わず
せめてと
毎年お彼岸におはぎを作り
仏前に供えている。

数年前までは
義母のお友達で
ひとりぐらしの方数人に
持っていったりしていたのだが
施設に入られたりで
今では
家で食すのみになった。

 

毎年頂く無農薬の橙と甘夏。
いつもは
甘夏で砂糖漬けにするのだが
橙で作ってみた。

橙は
火を通すと尚
オレンジの色が濃くなり
艶を帯びてくるようで面白い。

参考にしたレシピでは
夏みかんを使い
煮つめると
白い砂糖の結晶が絡むことから
夏みかんの土地
萩に雪降る風情を偲び
「萩の雪」と名付けていた。

私が使ったのは橙
しかも
白い結晶も浮かんでこなかったので
「萩の雪」もどきということで。。

 

 

 

2017_03250002_3

 

 

 

                

 

これは
山口「光圀本店」の「夏みかん丸漬け」
ううっ・・砂糖がしっかり結晶化・・

これなら
「萩の雪」と呼べるなぁ。。

(画像はHPよりお借りしました。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手編みのセーター

 

 

2017_03100009_2

固い蕾がやわらかくなったなぁーと思ったら
今日の気温でみるみる花開いた。

よかった~
もらわれていった先でも
ほころんでいるかな。。

 

よく訪問する
ブログ友さんのところで
出会った編み物の記事。

編み物で暫し
お母様とのやりとりに
想いをはせておられた。

そういえば
私も義母に編んでもらった
セーターがあったはず・・

東京にいた頃
お揃いのセーターを送ってくれたっけ。

流石に
断捨離できずに
箪笥の奥に仕舞い込んでいた・・

 

 

 

 

2017_03100003_2
 

 

 

 

2017_03100005
 

 

 

 

2017_03100001
 

改めて見ると
昔の人はすごいなぁーと思う。

忙しいなか
習った訳でもないのに
あれこれと
モノを大切にしたくらし。

今は
便利なもの
楽なものに流されているんでしょうね。

せっせと断捨離にはしる自分を
ちょっと反省。。

 

 

 

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«ワインとちらし寿司でひな祭り